« 軍国少年 ー 勝ち抜く僕ら小国民 | トップページ | 電子機器依存症 ― こわれたカーナビ »

2011/10/27

北杜夫 - 夢を呉れたその交友関係

 北杜夫の訃報に接した。大学を出たあと、昭和30~40年代に始まり近年まで親しんできた多くの作品が思い出されて懐かしくもあり、もちろん淋しい気持ちになってしまう。若い頃、海外出張の際に何冊か新刊本を求めて旅先へ携えていき、残り少ない貴重なページを惜しみながらめくっていた頃を思い出す。

 「どくとるマンボウ航海記」、「夜と霧の隅で」、「楡家の人々」、「白きたおやかな峰」や、数多くのユーモア溢れたエッセイ、時にはべらんめえ調子の短編などは、その時どきの気分に心地よい感動や励ましを与えてくれたものだ。

 90年代の著作、茂吉シリーズ(青年茂吉、壮年茂吉、茂吉彷徨、茂吉晩年)は、父茂吉が生きた時代背景、生の人間茂吉、また、北と茂吉の心の交流を知る上で興味が尽きない。

  なによりも羨ましくも、また関心が持たれるのはその童心溢れる交友関係である。いわゆる第三の新人といわれた、北にとってはやや年長の作家たち、安岡章太郎、阿川弘之、遠藤周作、吉行淳之介、三浦朱門や、佐藤愛子らとの交友関係が多くのエッセイや短編の中に窺われて面白い。

 
P1000232_2


交友関係といえば辻邦生との「若き日の友情 ‐ 辻邦生・北杜夫往復書簡集」(新潮社刊)がある。旧制松本高校で出会った二人の青春時代の友情と情熱が熱く語られている。そんな関係を初めて知る人もいるのではないだろうか。



*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイトをご参照ください。

http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

 

 

« 軍国少年 ー 勝ち抜く僕ら小国民 | トップページ | 電子機器依存症 ― こわれたカーナビ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204309/42707066

この記事へのトラックバック一覧です: 北杜夫 - 夢を呉れたその交友関係:

» 【追悼】 北杜夫逝く [仙丈亭日乘]
私の中には、あなたが沁み込んでゐる。 [続きを読む]

» 追悼:北杜夫さん(その2) [KATHURA WEST]
朝日新聞10月31日文化欄 《マンボウ日本人を解放》と題して、なだいなださんが追悼文を書いている 妙に可笑しかったので、ここに記録しておく。 かれが「自分はそううつ病だ」といってくれたおかげで、精神科の臨床がやりやすくなった、とぼくは書いた。自分が患者だったら「そううつ病という精神病です」と診断された方がいいか、「北杜夫さんと同じ病気です」といわれた方が受け入れやすいか、考えればすぐ答えがでる。このクスリは北さんが「そう」の時にのんでいるのと同じものですといえば、患者さんは喜んでのんでくれ... [続きを読む]

» 【追悼】北杜夫〜「あくびノオト」 [David the smart ass]
ああ、北杜夫が亡くなった……。北杜夫はわたしの青春の作家の一人である。 思い出すのは、ミステリーだと思って買った「怪盗ジバコ」が、ま、広義ならミステリーかもしれないが、所謂ユーモア小説だったとい...... [続きを読む]

» 追憶の人 追悼 北杜夫 [RYOさんのつらつら雑記帳]
 人はなぜ追憶を語るのだろうか?  どの民族にも神話があるように、どの個人にも心の神話があるものだ。その神話は次第にうすれ、やがて時間の深みの中に姿を失うように見える。―だが、あのおぼろげな昔の人の心にそっと爪跡を残していった事柄を、人は知らず知らず、く...... [続きを読む]

» 北杜夫、亡くなる [僕のほそ道   〜 のん日記 〜]
昨日、昼食の用意をしながらテレビのニュースをかけていると、「作家でエッセイストでもあったhellip;」という音声が聞こえたので反射的にテレビを見た。老人らしい顔が写っている。目の悪い僕には、とっさにそれが誰かわからなかった。 すると次の瞬間、僕は持って...... [続きを読む]

» 斎藤茂吉さんの次男 北杜夫さん死去 84歳 [つらつら日暮らし]
心から哀悼の意を表します。 [続きを読む]

» 北杜夫死去 [日々雑感II]
 北杜夫氏が亡くなったそうです。 ユーモアあふれる“どくとるマンボウ”シリーズや、大河小説「楡家(にれけ)の人びと」で知られる作家、芸術院会員の北杜夫(きた・もりお、本名・斎藤宗吉=さいとう・そうきち)氏が、24日死去した。  84歳だった。告別式は親族…... [続きを読む]

» 北杜夫氏の訃報 [キュートなバアサンになるために]
 先週、職場でたまたま北杜夫氏のことが話題に上がりました。 私の尊敬するドイツ文学者小塩節先生が旧制松本高校で北杜夫氏の後輩だったことを話したのですが 若い職員から「キタモリオさんって演歌歌手ですか?」と言われ みんなでびっくりして大爆笑したのです。 ...... [続きを読む]

« 軍国少年 ー 勝ち抜く僕ら小国民 | トップページ | 電子機器依存症 ― こわれたカーナビ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ