« 2010年11月14日 | トップページ | 2011年1月21日 »

2010/11/21

運転免許更新ー高齢者講習(後期高齢者)

 70歳以上の高齢者が自動車運転免許を更新するためには、いわゆる「高齢者講習が義務付けられている。Img235_2  千葉県の場合は、県の公安委員会が委託している県内各地の自動車教習時間所で3時間の 検査、講義、実技指導を受けることになる。

 前回の免許更新は72歳のとき。 三年が経過して今回は75歳。国民健康保険では「後期高齢者」に分類される齢になった。

 75歳以上の高齢者には、通常の「高齢者講習」に加えて「講習予備検査」というものが義務付けられていることを知った。これは、いわゆる認知機能検査ともいわれる。記憶力、判断力などが試される。

 今年は(西暦・和歴)何年? 今日は何月何日? 何曜日? 今はおおよそ何時? 時計の絵を描いて、指定された時刻(例:11時10分)を短針、長針によって示す、などなど。16個のイラスト(絵)を見せて、数分後にいくつ思い出せるか、などなど。(これは一寸手ごわい検査!)

 視野、動体視力、夜間視力などもチェックされる。シミュレーターのアクセル、ブレーキを使いながら信号や標識に対する識別反応やハンドル操作をチェックする「運転適性検査」などが行われる。そして実際にコースに出ての実技指導(運転技能確認というべき?)も。

 視力の全般的な低下は否めない。運転適性も若いものと比べれば低下傾向にあるようだ。コースでの運転実技では、40数年の運転歴ゆえにそれぞれの個性やクセが出てつい笑ってしまう。教習所では即不合格とされる内掛けハンドル、片手運転、安易な安全確認などが指摘される。永年の運転経験をもつベテランドライバーたちも結構緊張してくたびれる様子だ。最後に「高齢者講習終了証明書」なるものをもらって帰る。

 次回は3年後、いつまで頑張るか?

*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイトをご参照ください。

http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

« 2010年11月14日 | トップページ | 2011年1月21日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ