« 2010年2月8日 | トップページ | 2010年2月21日 »

2010/02/09

アメリカ映画俳優の訃報に想う (続き)

 前回は、昔のアメリカ映画界の男性俳優が、女性俳優に比べて若死にしているのではないかと指摘した。今回は、ではアメリカの女優さん達がどのくらい長生きしているかについて調べてみた。

 独断、順不同ではあるが、中学校時代に観た古い西部劇「大平原」の女優、バーバラ・スタンウイック(Barbara Stanwyck)享年82、同じく中学時代に観た「若草物語」のジューン・アリスン(June Allison)88、東京生まれの美人姉妹は今も健在でオリビア・デハビランド(Olivia de Havilland)93才、ジョン・フォンテーン(Joan Fontaine)92才であるとのこと。

Olivia_2 Olivia de Havilland                                       

                                                

Joan Fontaine Joan_3                                              アニーよ銃をとれ(Annie Get Your Gun)のベティ・ハットン(Betty Hutton)86、シェーン(Shane)のジーン・アーサー(Jean Arthur)90、「陽のあたる場所」(A Place in the Sun)のシェリー・ウインタース(Shelley Winters)85、「死の谷」(Colorado Territory)のヴァージニア・メイヨ(Virginia Mayo)84、クオ・ヴァディス(Quo Vadis)のデボラ・カー(Deborah Kerr)86才など。

 確証がないので、上記の観察は必ずしも正鵠を得たものでは無いかもしれないが、どうもそんな気がするのである。

昨日の書き込みを終えてから、ジーン・シモンズが晩年も何らかの活動をしていたことを知った。若いころに観た「黒水仙」( Narcissus)、「ハムレット」(Hamlet)、聖衣(The  Robe)、「野郎どもと女たち」(Guys and Dolls)あたりまでが、自分の中での記憶であった。

*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイトをご参照ください。

http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

« 2010年2月8日 | トップページ | 2010年2月21日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ