« 2010年1月7日 | トップページ | 2010年2月8日 »

2010/02/07

懐かしのアメリカ映画 - OK牧場の決斗

 アメリカ映画 「OK牧場の決斗」を久しぶりにテレビで見た。この映画を見るのは三度目か四度目か。制作年が1957(昭和32)年というから、最初見たのは学生時代かもしれない。フランキー・レインが歌うテーマソングとともに懐しい。英語で歌うのに「gunfight at the OK corral」の発音にちょっと苦労したことを覚えている。

 A0037338_21575515 アリゾナ州トゥームストーンのOK牧場での銃撃戦である。バート・ランカスター演じる保安官ワイアット・アープ、カーク・ダグラス演じる賭博師ドク・ホリデーが、牛泥棒クラントン一家と対決するというストリーは実話にもとづくものだという。

 この映画の元版は、1946(昭和21年)制作の原題「My Darling Clementine」(荒野の決闘)である。日本での公開は1947(昭和22)年。ワイアット役がヘンリーフォンダ、ドク・ホリデー役がビクター・マチュアであった。テーマソング「いとしのクレメンタイン」(Oh My Darling Clementine)は日本でも英語の歌詞とともに、「雪山賛歌」という題名で「雪よ岩よ我らが宿り・・・」の歌詞となって広く歌われるようになった。作詞は京都大学の西堀栄三郎氏といわれている。

ヘンリー・フォンダは1982年に、ビクター・マチュアは1999年に、バート・ランカスターは1994年にそれぞれ他界している。カーク・ダグラスは93歳で健在らしい。往年の名優が相次いで亡くなっていくのはさびしいことだ。

*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイトをご参照ください。

http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/

 

 

« 2010年1月7日 | トップページ | 2010年2月8日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ