« 食の季節感 - 鯖寿司 | トップページ | 寄生虫駆除・検便 »

2009/04/22

JTB時刻表1000号発行 - 宮脇俊三著・時刻表昭和史

  「JTB時刻表1000号」が発行された。

 たまたま「時刻表昭和史」(宮脇俊三著・角川選書・昭和55年)の再々読を終えたばかりであった。

 宮脇俊三氏は若い時から本業の雑誌編集に従事しながらも、鉄道や列車時刻表などに大きな関心を持ち続けた鉄道ファンであった。のみならず、幼少時からの鉄道体験を歴史、文学のレベルにまで高めて著した文化人でもあった。元祖鉄ちゃんの一人とも言うべきか。

 「時刻表昭和史」には、昭和初期から昭和20年8月の終戦に至るまでの著者の個人的な鉄道体験が詳述されている。鉄道や時刻表に委ねられた時代背景には読者の興味は尽きない。 東海道・山陽本線のみならず地方本線の変遷が具体的に記されている。幼いころの著者の鉄道に対する興奮、感動ぶりがこちらの心にも伝わってくる。(画像拡大はクリックで

Img258
 記述は昭和20年8月15日の終戦日の場面で終わる。当時新潟に疎開していた18歳の著者は、たまたま所用で東京からやってきた父上に同行して山形・大石田への小旅行をした。用事が済んで疎開先への帰途、米沢から坂町を結ぶローカル線・米坂線に乗り換えるために途中の今泉駅で列車の到着を待つ。正午に何やら重大放送があるということが耳に入る。

 真夏の太陽が照りつける蝉しぐれの中、今泉駅前広場に居合わせた人々がラヂオの玉音放送に耳を傾ける。

 何よりも著者が感動するのは、その数十分後に坂町行き列車が、動輪の間から蒸気を吐きながら時間どおりにホームに進入して来るシーンである。そこでは機関士や助手、駅の助役らが登場して、タブレットの受け渡しなどの日常作業が、まるで何事もなかったように遂行される。

 敗戦という大激震の直後にも拘わらずこの地域では汽車が時間どおりに運行されていたことに、著者は忘れることのできない印象を受けたのだった。著者のこの感動は読者にも十分伝わってくるのである。

*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイト「ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?」をご参照ください。

http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

 

« 食の季節感 - 鯖寿司 | トップページ | 寄生虫駆除・検便 »

コメント

はじめまして。
TANNです。

TB有難うございます。

時刻表昭和史は私も読んでいます。 と、いうより、宮脇さんの文庫化された著作はほとんど読んでおります。

ここ数年の鉄道の発達、首都圏に限定すれば、湘南新宿ラインの設定や宇都宮線や高崎線の東京駅が起点となる予定等ですが、これらを宮脇さんならどのように受け止められ、文章にしたろうとかと想像し、それを読めないことが残念です。

宮脇さんはSuicaは手にしたのでしょうか?

鉄道関係の記事は少ないですが、また私のブログにお越し頂ければ幸いです。 

TB有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204309/29224689

この記事へのトラックバック一覧です: JTB時刻表1000号発行 - 宮脇俊三著・時刻表昭和史:

» JTB時刻表通巻1000号 [音楽徒然草]
昨日発売のJTB時刻表5月号が1925年の創刊から1000号目だそうです。ハチロク、特急こだま151系、新幹線0系、(リレー)つばめ787系、山陽・九州直通新幹線さくら新N700系が表紙に並んでいます。1946年収録の全国版索引地図「全国鉄道路線図」が別冊付録としてついています。と書きましたがボクは(まだ)買っていません。... [続きを読む]

« 食の季節感 - 鯖寿司 | トップページ | 寄生虫駆除・検便 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ