« 2009年2月2日 | トップページ | 2009年4月15日 »

2009/04/11

高齢者と運転免許

  運転免許証をとって45年、未だに車が手放せないのは、日々の買い物と二人の病院通いが理由である。

 家内のお伴をしてウィークデーのスーパーマーケットに行く。牛乳、ヨーグルト、豆腐、肉、冷凍食品、野菜等々、結構目方が張る。これにコメでも買えば女性一人の体力では持ち運びは不可能だ。

 年をとれば身体のあちこちに故障が起こってくる。よく冗談に言う「病気のデパート」症状となる。整形外科、眼科、歯科、そしてもちろん内科も、それも消化器科、循環器科などなど。どこの病院も駐車場は車で溢れている。

 そんなわけで、経済的には大きな「金食い虫」の車ではあるがやはり日頃の便利さから車が手放せない。

 一方、高齢者による運転事故が多発しているようだ。70歳以上のドライバーには、免許更新に際して高齢者講習が義務付けられており、75歳以上の者には、認知症チェックも付加されるとのこと。金も時間もかかる。高齢者にとっては、車の運転はますます歓迎されざる時代になってくるようだ。

 そんなことを考えながらも、今日も車で出かけていく日々である。

*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイト「ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?」をご参照ください。http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

 

« 2009年2月2日 | トップページ | 2009年4月15日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ