« 2008年8月25日 | トップページ | 2008年10月3日 »

2008/10/02

マツタケ・まつたけ・松茸 (1/2)

 マツタケの季節が近づいてきた。産地に隣接する故郷の京都市内でも、化粧箱に収められた見事なマツタケが、錦小路の市場やデパートの店頭に並べられる。値段が一本1万円~2万円と聞いてもことさらに驚くこともない。欲しい人にとっては、それだけの希少価値があるということだろう。

 調べてみると、1940年代のマツタケの生産量は1万トンであったが今日では、せいぜい100トンがやっとらしい。

 昭和20年の秋、すでに戦争は終わっていたのだが、まだ、市内の親元には戻らず、学童疎開先の丹波(現・亀岡市)の山村に残留していた。当時、周辺の山に入ればマツタケはいくらでもあった。

 疎開先のおじいさんは、毎朝早くに起きて小一時間ほどかけて裏山をひと回りする。やがて腰に下げた竹かごをシメジやマツタケでいっぱいにして戻ってくる。シメジは朝の味噌汁の実になる。マツタケは、時には直火で焼いて醤油をたらし、それだけをご飯のおかずにして食べることもあった。

 近年マツタケの生産は激減してその市場価格は高騰するばかり。韓国、中国はおろか、北欧、アメリカ、カナダ産までが輸入されているらしい。

*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイト「ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?」をご参照ください。http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

マツタケ・まつたけ・松茸 (2/2)

 昭和20年の秋、終戦直後の日本人は全国的な食糧不足に見舞われて極端にひもじい思いをしていた。学童疎開先であった丹波の山村は幸い戦災にも遭わずに比較的食べ物には恵まれていた。

 当時の山村の悪童たちの遊び場は周辺の山の中。山中の季節の木の実は結構なおやつになった。時には台所にある調理用の粗い岩塩をポケットに忍ばせて山に入る。マツタケの香りを頼りに、松林の木の根元を探る。たちどころに見事なマツタケを収穫する。

 それぞれの松林には、一応、縄が張られてはいるのだが、構わずに失敬する。この程度は大人たちも見て見ぬふりをしてくれたようだ。適当な空き地を見つけて焚火をする。直火でマツタケを焼く。焼き立てに粗塩を振りかけて、ふうふう吹きながら口の中へ放り込む。

 終戦後の数年間は、京都市の周辺の山々もマツタケが豊富だった。秋には松茸狩りが盛んであった。鶏肉や野菜などの具材を山に持ち込み、マツタケだけは現場調達という趣向であった。

 マツタケの生育についての科学的な知識は持ち合わせないが、なんでもアカマツの保全、成育と山里の人々の生活態様が大きく関係しているらしい。近年、シイタケのみならず実に多種のキノコ類が店頭を賑わしているが、マツタケの人工栽培は道遠しとのこと。

 *本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイト「ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?」をご参照ください。

http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

« 2008年8月25日 | トップページ | 2008年10月3日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ