« 2008年3月10日 | トップページ | 2008年4月27日 »

2008/04/11

訃報・白髪一雄

 白髪一雄の訃報に接した。1966年3月にニューヨークで開催された第1回ジャパン・アート・フェスティバルでは、他の多くの作品に交じって具体美術協会のリーダー吉原治良とそのメンバー白髪一雄、元永定正の三人が展示された。具体美術協会は1954年に吉原治良を中心に関西で結成されたもの。

 いずれも250~300号の作品であった。大型の前衛作品群は、当時のニューヨークの展示会場においてもその存在感を示し、多くの鑑賞者の関心を呼んだものであった。日本画などと一緒に展示されることによって、わが国文化の多様性に対する外国人の理解と認識を深めさせた。

 流通技術や包装技術が今日ほど進んではいなかった当時、巨大な作品群の海上輸送、米国内巡回のためのトラック輸送には種々の困難がつきまとい、海外巡回美術展の裏方としてはかなりしんどい思いをしたものであった。

 白髪一雄の作品は1965年の三部作、「赤い扇」「緑の扇」「白い扇」の3点。 過日の東京・京橋のブリヂストン美術館のコレクション展示~コレクションの新地平(4月13日終了)の会場で偶然「白い扇」に再会した。懐かしさに「赤」と「緑」は何処にあるのかと当時を思い起こした。

 因みに吉原治良の作品は、こちらも1965年の三部作、「黒地に赤」「白地に黒」「黒地に白」の3点であった。いずれも一色の地を背景として「赤」「黒」「白」の巨大な円のみが描かれている。子供も大人も、素人もプロも鑑賞するときには表情が和らぐ作品であった。40余年後の今日でも、そこ此処の美術展でこれらの作品に再会することがあるのは嬉しい。

 ジャパン・アート・フェスティバルNY展当時、60歳であった吉原治良は6年後の1972年に亡くなった。そして41歳であった白髪も83歳で。ご冥福をお祈りする。(敬称略)

*本編「国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記」については下記サイト「ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?」をご参照ください。http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_9a53.html

« 2008年3月10日 | トップページ | 2008年4月27日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ