« 落穂ひろい(20)平安王朝に思いを馳せて(源氏物語千年紀) | トップページ | 落穂ひろい(10)飛行機のこと(不眠症)・再転記 »

2008/02/09

落穂ひろい(21)わたしいまめまいしたわ

                 @東京国立近代美術館

Img580_15   藤田嗣治、岸田劉生、フランシス・ベーコン、浜口陽三、高松次郎、,牛腸茂雄,秋山祐徳太子、草間弥生、澤田知子・・・etc.、時間的にも一世紀にわたる作品群が、平面、立体、写真、映像、AV、・・・etc.の多彩なメディアとして展示されている。

 それ自体は独立した個別の作品でありながら、テーマに沿って意図的、かつ系統的に展示されている。テーマは「現代美術にみる自己と他者(self/other)」。他者との関連において自己の再認識を試みようということらしい。しかつめらしい解説はさておき、鑑賞者の主観によってその視点も百人百様だろう。結構楽しめる。人によっては少しめまいする人もあるかも。

 会期は3月9日(日)まで、竹橋の東京国立近代美術館で

 山種美術館の「春のめざめ」直後のハシゴであっただけに、それなりの斬新さを感じた。こちらは大観、古径、松園、栖鳳、雅邦、関雪、龍子、土牛、深水、御舟、魁夷、寧ら。まさに、冬来たりなば春遠からじ。

*本編「国際芸術見本市始末記」については下記サイト「ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?」をご参照ください。http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/

« 落穂ひろい(20)平安王朝に思いを馳せて(源氏物語千年紀) | トップページ | 落穂ひろい(10)飛行機のこと(不眠症)・再転記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204309/10362926

この記事へのトラックバック一覧です: 落穂ひろい(21)わたしいまめまいしたわ:

« 落穂ひろい(20)平安王朝に思いを馳せて(源氏物語千年紀) | トップページ | 落穂ひろい(10)飛行機のこと(不眠症)・再転記 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ