« 落穂ひろい(16)学校給食・一杯の味噌汁 | トップページ | 落穂ひろい(18)平安王朝に思いを馳せて(宮廷のみやび) »

2008/01/01

落穂ひろい(17)最近のアート事情

  今日ほど美術館が一般大衆に親しまれた時代はかつてなかっただろう。詳細な統計的数字は持ち合わせないが、実感としてここ十数年の間にわが国の美術館は確実に増え続けており、それに伴って美術愛好家も増えている。このような現象は全国にひろがり、大都会だけではなく地方の中小都市でも実感することができる。

 まず、国立美術館や地方自治体による公立美術館の拡充が美術愛好家の増加を誘発することはまちがいない。加えて個別企業の運営による美術館がある。これらの美術館も規模は比較的小さいものの高水準の特徴的な企画展を展開している。百貨店が併設するギャラリーも然り。

 それだけではない。山間の田舎町をドライブしていて、予期しないところにこじんまりとした心地よい美術館に出くわすことがある。たまたま訪れた観光地で高質の個性的な美術館を発見することもある。それは温泉街であったり、高原や山間の一角であったりする。彫刻や立体展示を見せる野外美術館も少なくない。

 美術館の増加、普及にともなって、美術を鑑賞する人の数も飛躍的に増えつつあるようだ。従来、美術館は美術愛好家という限られた人々のものであった。今はどうだろうか。一言でいうならば老若男女のいずれもが美術(作品としての狭義の美術品と言うよりは、状況・環境としてのアート)を鑑賞するようになった。人々は、街のレストランで食事をしたり、カフェでコーヒーを飲んだりするような感覚でアートを鑑賞するようになった。美術鑑賞の日常化、大衆化である。

 当然ながら、人々のアートに対する感覚は千差万別である。好き嫌いがはっきりしている。日本画・洋画、彫刻・版画・書、工芸、テキスタイル、写真・CG、建築、オブジェ、具象・抽象、古美術・現代美術、平面・立体、そして音響・音楽さえも好きなものは何でも、何時でも、何処でも楽しむのが現代流のアートの楽しみ方なのである。若者達はいうまでもなく、中高年者も、男も女もみんなそれなりの美術評論家になる。異論もあるかも知れないがこのようなアートの楽しみ方と日常化、大衆化は、大いに歓迎すべきであろう。

 それにしても、美術館の入館料、もう少し何とかならないものか。特に国公立美術館の入場料は極力押さえてもらいたい。欧米では、無料や心持ち程度というのも多く、有料の場合でも日本と比べて安いか、曜日によっては無料とする美術館も多い。近年は常設展についてはシニア(60歳以上)は無料というのもあるが、高齢者の入館者が増えている事情を考えるとこれはありがたいことである。

*本編・国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記の「あらすじ」は下記サイトからどうぞ:http://gastrocamera.cocolog-nifty.com/blog/

Img589_3 第1回ジャパン・アート・フェスティバルカタログ(制作:原弘氏、表紙デザイン:粟津潔氏)

« 落穂ひろい(16)学校給食・一杯の味噌汁 | トップページ | 落穂ひろい(18)平安王朝に思いを馳せて(宮廷のみやび) »

コメント

こんばんは。
このたびはTBありがとうございました。
日付の一番近かった落穂ひろいにTBさせていただきました。

ジャパン・アートフェスティバル、存じ上げませんでした。出品者を見ましたが、素人の私でもわかるくらい豪華な顔ぶれ…
ゆっくり読みたいので、また来させていただきます。

はじめまして。はじめたばかりの拙い記事にトラックバックをありがとうございました。

keyさんのように内容の濃いブログを目指したいと思います。取り急ぎお礼まで。

はじめまして、ならぢゅん と申します。

さて先日は「矮猫亭日乗」にトラックバックを頂き有難うございました。振り返ってみますと、昨年、美術館に足を運んだのは国立西洋美術館(常設展)と出光美術館(仙涯展)の2回だけでした。今年は年初から森美術館(六本木クロッシング2007展)に行くことができ幸先のよいスタート。美術を楽しむという面でも佳い一年にしたいものです。

では、また。取急ぎ御礼まで。

はじめまして。
トラックバックありがとうございます! 
でも実はその仕組みがよくわかっていないのですが、どこからお越し頂けたのかなぁ・・と思いつつ、そんなことよりもこちらの内容の濃さに、感激、興奮しております!
ゆっくりじっくり拝見したいと思います。

遅ればせながらお礼まで。。


はじめまして、TBありがとうございます。

地方に住んでいると、よい作品も来ないので、東京などまで見に行かなくちゃならないので、行くと数十カ所回ってくる事になるので、入場料だけでも数万円かかってしまいます。入場料はほんとどうにかならないものかと思います。
keyさんのブログ読み応えあるので、少しずつ読ませていただきます。

TBありがとうございました。

これからも、色んな展示会に足を運んでみたいと思います。

値段以上に有意義な時間が過ごせる空間であるのは間違いのないところなんですけど、入館料はもっと安くして欲しいものです・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204309/9655718

この記事へのトラックバック一覧です: 落穂ひろい(17)最近のアート事情:

» ムンク展 [Happy go Lucky]
仕事帰りに上野まで、ムンク展を見に行きました。 夜に行くのは初めて。 国立西洋美術館、中庭をライトアップしてました。知らなかった〜 今日は、15歳の私に再会してきました。 9年前、まだ千葉そごう美術館があったころ、夏に開催されたムンク展で全身の毛穴が引き締まるような体験をした高1のあたしに。 そのころから、ムンクといえば心理的・哲学的な画家だと思ってきたんですが、今回の企画展は、ムンクのデザイナーとしての部分、装飾画家としての活動が強調されています。 実際、今日あらためて「ムンクってこんな... [続きを読む]

» 前田常作:曼陀羅画に壺中天! [壺中水明庵]
 明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。  今年もよろしく [続きを読む]

» アンカー展 [華やぐ時間]
                    招待券をいただいたので  ひさしぶりに美術展へ行ってきた この頃 本屋さんとか 美術展は  なかなか行かなくなってしまった 煌々とした明かりの下であふれる本とその色彩が わさわさ主張しすぎてる感じで  くたびれる 図書館の雰囲気は 好きなんだけどなぁ たくさんの本たちも そこに居る人たちも  自分のなかへ 深々と寡黙だからかなぁ 大きな美術展も  絵の存在感に圧倒される    一枚ずつの絵を ついつい とっくり見てしまって  退館すると 絵に浸食されたような... [続きを読む]

» 国立国際美術館 30年分のコレクション [花ごよみ]
 (大阪市北区中之島) 約400点、観るのに結構時間がかかります。 セザンヌ、ピカソ、 ウォーホル、ポルケ…… そして海外の20世紀美術、 藤田嗣治、佐伯祐三、、 横尾忠則、森村泰昌、舟越桂……。 それに日本の現代美術、 展示量が多いです。 途中に現在地に移転しましたが、 この展覧会は、、 国立国際美術館が開館して 30年になるのを記念して、 開催されたということです。 ここの美術館の収蔵作品を 展示しています。 現代美術が多いので、 絵を見て心が癒やされる、 ということはないです。 色... [続きを読む]

» 粟津潔さん [もえせんプロジェクト]
気になるアーティストさんのことを書いたら、 またもや気になるアーティストさんが♪ 粟津潔さんです。 本の表紙のデザインなどもなさっているそうですが、 それすらも、とにかく、アート☆ 公式サイトこちらです。 http://www.kiyoshiawazu.com/ 金沢で作品展やってるそ..... [続きを読む]

» パリの100年展 [のらねこパーティー]
上野の東京都美術館の「芸術都市パリの100年展」へ行って来ました。 [続きを読む]

» 甲斐の国から・・ミレーを見れ〜 [比企の丘から]
山梨県の甲府市に行きました。あいにくの曇りで甲斐の山々は日に映えていません。 「山梨県立美術館」でミレーを見レーと「芸術の森公園」に。山に行った帰りの人などがミレのザックを背負ってミレーを見に来ています(ミレ…フランスブランドの有名ザック)。 1978年開館。元農事試験場の壮大な跡地に。緑いっぱいの公園内を散歩するだけでも楽しいところです。公園内にはあちこちにブロンズが置かれてます。 正面玄関。ミレーです。画像クリック{/m_0089/}・・・彫刻は「ケンタウロス(半人半獣)」アントワーヌ・ブール... [続きを読む]

« 落穂ひろい(16)学校給食・一杯の味噌汁 | トップページ | 落穂ひろい(18)平安王朝に思いを馳せて(宮廷のみやび) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ